<このサイトのトップ> <サイクリングページのトップ>  <<古いトピック  新しいトピック>>
2023年10月23日(月)
 
クリートは左右共に進行方向に大して左側にずれていた、など

クリートは、 左を固定する時に1/4mm外側にずらしていたようだ。 右は想定位置になっていた筈だが、 昨日走っている間に同じくらい内側にずれていた。 多分固定ネジが痩せ過ぎてちゃんと固定できなくなっている。 すべてのネジを新品に交換しロックタイトを塗って固定し直した。 左右想定位置に固定すると、 可動範囲をクリート中心線に対して対称にするためには、 左を半目盛りヒールインにする必要があった。

SUITOを使ってた時に前輪に移動していたSuperSix EVOのスピードセンサーを、 後輪に移動し、 ついでに電池も交換。 フロントにもドライブレコーダーを付けるようになってから、 スピードセンサーの欠測が多くなった気がするので。

2023年10月22日(日)
 
播但道側道〜兵庫県道154号

社街道の山陽姫路東インター南交差点から北上し、 兵庫県道81号まで播但道の側道を走ってから西進して、 兵庫県道53号から国道179号まで兵庫県道154号で南下した。 237km/9時間31分、 スピード平均24.948km/h、 Paused Time 33分を除く平均26.483km/h、 登坂標高差合計1401m。 4068kj、 NPは143w、 TSSは479。

ファイントラックドライレイヤーベーシックT+〃メリノスピンライトLS+アソスミレGTS C2ビブショーツ+パールイズミイグナイトロングスリーブジャージ+ 指切りグローブ+パールイズミコールドブラックヘルメットビーニー。 序盤凍えるように寒くて、 終盤は暑いだろうと思って出掛けたが、 序盤の寒さは大したことはなくて、 終盤は風が冷たくて寒いくらいだった。 スーパーH2Oを1460ml消費。 補給食はスポーツようかんあずき×14。

今日もずっと快晴の素晴しいサイクリング日和。 播但道側道は、 アプローチの道路から眺める山陽自動車道と播但道が交差する様子も良かったね。 r154の今日走った部分は、 16年ぶりなようだ。

左クリートは1/4目盛りヒールアウトにして、 兵庫県道43号の時の設定に戻した。 股ズレが再発し、 一旦サドルを1mm上げて対策できたかと思われたが、 サドルをわずかでも上げると、 強度が上ったらすぐに苦しくなってしまい、 元に戻した。 試みに左クリートをさらに1/4目盛りヒールアウトにしたら、 ローラー上ではこれで解消したかと思われた。

今日の実走でもしばらくは快調かつ快適だったが、 5時間半くらいで疲れて踏めなくなり、 終盤はヘロヘロ。 久しぶりに終盤つらいだけのサイクリングになってしまった。 左の踵が外に出過ぎで左脚を真っ直踏みおろすのに物凄く苦労してる感じ。 快調に思われた部分でも、 帰宅後にログを見ると大して出力は上ってないしスピードも出てない。 左クリートはヒールインに戻して、 股ズレ対策を考え直さないと。

2023年10月15日(日)
 
芸南街道パート3(秋)

西の海岸線が晴れ、 という予報だったので、 芸南街道を長浜自然海浜保全地区の駐車場まで走って折り返した。 234km/9時間16分、 スピード平均25.268km/h、 Paused Time 52分半を除く平均27.904km/h、 登坂標高差合計814m。 3841kj、 NPは143w、 TSSは449。

コースを色々と工夫して停車時間を50分ちょっとまで縮めたが、 信号ストップの無い裏道は、 徐行一杯しないといけないから、 出力もスピードもあんまり上がらないのは変わらなかった。

ファイントラックドライレイヤーベーシックT+アソスミレGTS C2ビブショーツ+パールイズミイグナイトロングスリーブジャージ+ 指切りグローブ+パールイズミコールドブラックヘルメットビーニー。 スーパーH2Oを1460ml持って行って、 アクエリアス600ml×2を追加補給。 電子マネーの使える自販機で、 余らせてもいいから2本買っちゃえ、 と思って買ったら、 やや足りないくらいだった。 Edge 530による気温13℃〜32℃。 晴れるとここまで上がっちゃうんだなぁ。 補給食はスポーツようかんあずき×13。

ちょっと霞んでたけど、 海岸線は期待どおりの晴天。 文句無しの絶景ツーリングになった。 マイスィートハートによると岡山市はかなりの雨が降ったらしい。 雲多いと思うことはあったが、 走行中にまったく降られず、 肝心の海岸線が快晴だったのはスーパーラッキーだった。

ローラーで苦しくなると、 ポジションのせいにしていじってしまうのだが、 次の日には元に戻さないと踏めない。 左クリートだけ1/4目盛りヒールインに戻した。 ヒールイン過ぎたというのが間違い。 今日も、 ストップ&ゴーの多過ぎるコースで出力の数値はよろしくないが、 気持ち良くペダリングできて最後まで元気だった。

2023年10月8日(日)
 
兵庫県道43号

先週は諸般の事情でロングライドは休み。 今日は兵庫県道43号を、 県道65号から国道372号まで走った。 231km/8時間41分、 スピード平均26.640km/h、 Paused Time 29分を除く平均28.210km/h、 登坂標高差合計1349m。 4060kj、 NPは151w、 TSSは491。

ファイントラックドライレイヤーベーシックT+アソスミレGTS C2ビブショーツ+パールイズミイグナイトロングスリーブジャージ+ 指切りグローブ+パールイズミコールドブラックヘルメットビーニー。 Edge 530による気温12℃〜22℃。 半袖アンダーシャツ1枚追加して暑くもなく寒くもなく丁度良かった。 スーパーH2Oを1460ml消費。 ついにドリンク追加補給のいらない季節がやってきた。 補給食はスポーツようかんあずき×13。

予報外れず、ずっと曇天だったが、 今日は最初から最後まで気持良くペダリングできたから、 良いサインクリングなのである。 残念な天気でも、 丘を越えた後に遠くの山の裾に広がる街の景色が良い感じのところがいっぱいあったしね。

先々週のサドル高さだと、 低過ぎて膝が詰まってしまう。 最大5mmまで上げたが、 最後はそこから4mm下がったところで落ち着いた。 これが膝が詰まらない下限であり、 苦しくなって続かなくならない上限であるようだ。

クリートは5mm上げた時と同じ位置だと、 足の間隔が広過ぎてL3以上が続くとやっぱり苦しくなる。 左右外側に0.5mm平行移動した。 可動範囲は先々週のままだと、 左がヒールイン過ぎ、 左だけ1/4目盛りヒールアウトにした。

奥津渓の時から、 ハンドルが1mm低くなり、 左クリートが1/4目盛りヒールインになった形。 今日の実走でも、 ようやく、 手に体重を預け過ぎず、 ペダルに体重を乗せるだけのペダリングが最後まで続き、 ずっと快適かつ力強く踏めて、 NP150w超まで復活。

2023年9月25日(月)
 
SuperSix EVOのハンドルが右を向いていた

ステムをPLTに変えて以来ずっと、 ステムの中心線を誤認していて、 SuperSix EVOのハンドルを右に向けてしまっていたようで修正。 メーカーロゴが当てにならないのはある程度はしかたがないが、 メジャーなメーカーの中では、 Proは格別な気がする。

2023年9月24日(日)
 
国道429〜373〜2号

津山市街の東から、 国道429号を東進、 国道373号を南下し、 国道2号を三石まで西進するコース。 211km/7時間53分、 スピード平均26.726km/h、 Paused Time 30分半を除く平均28.551km/h、 登坂標高差合計1280m。 3574kj、 NPは146w、 TSSは416。

アソスミレGTS C2ビブショーツ+パールイズミイグナイトロングスリーブジャージ+ 指切りグローブ+パールイズミコールドブラックヘルメットビーニー。 スーパーH2Oを1460mlを持って行って、 アクエリアス600mlを追加補給。 補給食はスポーツようかんあずき×11。

行きにr218を通ったのだが、 玉柏の新大原橋の下でr218に出る部分が工事による全面通行止、 バリケードで完全に塞がれていて、 迂回するために1km以上余分に走ることになった。 確か来年の6月までって書いてあったと思うが、 ここを通れないのは痛いなぁ。

アプローチのR53を北上している間は雲が多かったが、 日の出以降は素晴しい青空だった。 メインディッシュの3国道の景色も十分良かったが、 一番良かったのは誕生寺あたりの朝日に光る山の景色だったかもしらん。 暑過ぎず寒過ぎず、 最高のサイクリングシーズンがようやくやって来た。

今日のR2は自動車の通行量が凄く多くて、 車列はごくたまにしか途切れなかった。 過去にこの部分を走ったのは正午前後だったと思うが、 今日は10時から30分ほど。 ここを通る時は昼頃になるようにコースを調整する必要があるかも。

サドルは先週以上に上げると、 高強度が苦しくて続かない。 先週の高さまで戻しても何故か股間がゴリゴリする。 どんどん下げて、 結局先週より5mm下げた。 クリートはやっぱり1/4目盛り、 左をヒールイン、 右をヒールアウトにするのが正解だった。 これ以外はどういじっても、 強度が上がると苦しくなって続かなくなってしまう。

今日の実走でも、 今年のロングライドのベストパフォーマンス。 ずっとペダルに体重を乗せるタイミングが遅れて、 手に体重を預け過ぎていたようだ。 今の体と機材で正しいタイミングで踏みおろすためには、 今日のポジションでなければならないようだ。


 <<古いトピック  新しいトピック>>

このページに書かれている内容に関するいかなる形の保証も存在しません。 でも何か言いたい人は 須藤 清一 までメールでどうぞ。