<このサイトのトップ> <サイクリングページのトップ>  <<古いトピック

脂肪減少・筋肉増加の記録。
(最新の記録は https://pub.ks-and-ks.ne.jp/cycling/more-muscle.shtml)


検索文字列(Perlの正規表現):
  アルファベットの大文字小文字を  区別しない  区別する
  検索文字列の文字コード: (まともなブラウザなら変更不要の筈)
  (下で指定した年月日の記録から検索、 年月日を指定しなければ過去1年の記録から検索。)

年月日:
  例1: 2002年9月1日分 → 20020901-*、 例2: 2002年9月10日〜2002年9月19日分 → 2002091*、
  例3: 2002年9月分 → 200209*、 例4: 2002年12月〜2003年1月分 → 200212*..200301*
  (検索文字列を指定しなければ、 該当する年月日のすべての記録を表示。)


ロングライド (距離100km以上かつ所要時間4時間以上、違うのも混ざる可能性あり)

過去1年間または2002年〜2018年:    正順  逆順
年月日指定:    正順  逆順

2018年10月15日(月)
 
ポジション再々修正

右クリートを0.5mm深くして1mm内側に平行移動し、 左クリートを1mm深くした。 部屋着のままだが、 軽くローラー上のSL3を漕いでみると、 左もそうだが、 それ以上に右の踵のほうが外に出過ぎと感じる。 左右共に可動範囲を目盛1/4くらいヒールイン側に移動。 これでシューズに対するクリートの位置と向きが完全に左右揃ったようだ。 ずっと左右のアダプターの向きがずれてたのが、 今日の移動で修正された模様。

さらにハンドルが高過ぎと感じるのに、 パッドが無いのに股間が苦しい。 ハンドルとサドルを共に1mm下げてみた。 先週はハンドルを上げるんじゃなくてサドルを下げるべきだったのかも。 取り敢えずSL3のみ。

2018年10月14日(日)
 
県道556号

14年ぶりに県道556号を走った。 197km/7時間17分、 スピード平均27.124km/h、 Paused Time 20分半を除く平均28.447km/h、 登坂標高差合計1551m。 3699kj、 NPは162w、 TSSは344。

OUTWET EP3++アソスT.cento_S7ビブショーツ+アソスSS.cento_S7ジャージ+指切りグローブ+パールイズミコールドブラックヘルメットビーニー。 スーパーH2Oを1240mlを持って行って、 アクエリアス500ml×2を追加補給。 今日は絶対ドリンク追加補給無いと思ったんだけどなぁ。 EP2で寒いとも暑いとも思わなったけど、 LP2+アームクーラーでも良かったかも。 補給食はスポーツようかんあずき×8。

今日は絶好のサイクリング日和で、 どこもかしこも良い景色だったが、 奥海乢から真近に見える後山(か、船木山?)が圧巻の絶景だった。

クリートの設定はまるでダメ。 左右共に浅過ぎで、 左を右より浅くしたのは完全に失敗、 左の可動範囲がヒールアウト側に寄り過ぎている、 右足が内側に入り過ぎ。 深さは先々週の位置まで戻して左右揃え、 右を内側に1mm平行移動して、 左の可動範囲を大きくヒールイン側に移動する…のが良さそうな気がする。

2018年10月13日(土)
 
S-Works 7 road shoe用ポジション再修正

サドルは、 2mm前進だと股間がゴリゴリするが、 元の位置まで後退させると、 やっぱりペダルに上手く体重が乗らない。 1mm前進が落としどころのようだ。 この位置だと今までの高さだと低過ぎと感じて1.5mm上げた。 結局、 奥津渓のときのS3の位置に戻ってしまった。 今年の夏以降のロングライドのベストパフォーマンスだから、 こんなもんでしょう。 ハンドルは上体を無理して前傾してる感じが解消せず、 さらに1mm上げた。 S3のサドル・ハンドルも設定変更。 ステムはまたもEA90 10°に戻る。

クリートの設定はずっと落ち着かず、 ゴチャゴチャといじってるうちに、 右クリートのCリングを保持する爪の、 今度は前内側が折れてしまった。 SPアダプターのシムは購入時に付いている5-F/Rが正解で、 それ以外だとアダプターが歪んで、 クリートに変な力が掛かってしまうようである。 今回は右だけ新品に変更。

内側ギリギリに対して、 左を0.5mm、 右を3mm外側に平行移動すると、 内側から測っても外側から測っても、 シューズに対するクリートの位置が左右揃い、 さらに内側からの距離はTech plusにペダル軸スペーサーを0.5mm追加するのと同じになる。 今までがずっと計測ミスだった模様。

深さは、 右は踵からの距離がTech plusと同じ、 左はそれより0.5mm浅くして落ち着いた。 9年前のS-Works road shoeの時も、 どういじっても左が右より0.5mm浅くなったから、 自分の足とスペシャのシューズの組み合わせだと、 こうしないとダメなんだろう。 浅くすると何故か外股になり、 可動範囲をまたRRと同じくらいまでヒールアウト側に移動。

2018年10月8日(月)
 
サドルを前進させてハンドルを上げてみる、など

昨日は足がもっと前に出ようとしてフラフラしてる気がしたので、 クリートを1mm深くしてみた。 左クリートは内側に0.5mm平行移動。 シューズ外側からの距離は、 これで左右揃うようである。 土曜が計測ミスだったと思われる。 右クリートの可動範囲が想定位置より目盛1/4くらいヒールイン側に寄っていた。 昨日の感触に基いて、 左の可動範囲を右に揃えた。

昨日、 体重が上手くペダルに乗ってる時に、 尻の位置が気持良くサドルに納まる位置より前と感じることが多かったので、 サドルをまた2mm前進させてみた。 膝がやや詰り気味と思うことが多かったので、 シートポストの高さは変えない。 またこの時の腰の角度を維持したままハンドルに手を伸ばすと、 ちょっと無理して背中を曲げないと行けなかったので、 ハンドルを9mm上げてみた。 取り敢えずSL3のみ。

2018年10月7日(日)
 
苫田大橋〜箱乢

苫田大橋を渡ってから、 春とは逆向きに県道56号を県道65号まで走った。 198km/6時間59分、 スピード平均28.301km/h、 Paused Time 19分半を除く平均29.686km/h、 登坂標高差合計1445m。 3602kj、 NPは164w、 TSSは340。

クラフトアームクーラー+アソスT.cento_S7ビブショーツ+アソスSS.cento_S7ジャージ+指切りグローブ+パールイズミコールドブラックヘルメットビーニー。 スーパーH2Oを1260mlを持って行って、 いろはす白桃555ml×(2+1)を追加補給。 10月にこんなにドリンク追加補給が必要になるとは思わなんだ。 補給食はスポーツようかんあずき×9。

クリーンボトルにH2Oを入れたら、 1本の底のほうから漏れ出した。 最近、 ちょっと怪しいかなと思うことはあったんだけど、 遂に寿命を迎えたらしい。 多分もう1本も怪しいので、 2本とも中身を買い置きの次世代品に移した。 今までより柔らかくなって、 背が低くなり太くなってる。 持った感じやや軽量化してるかも。 限界まで入れた時の容量がわずかに減ってるようだ。

11年ぶりに美作北2号林道を走ろうか、 という気持もあったのだが、 昨日の夜まで続いた強風で標高1000m近くがどういう状態になってるのか不安になって、 穏かなコースにしておいた。 ほとんどどんよりとした曇り空だったが、 今日は走れただけでラッキー。

左足が内股過ぎて、 爪先を思い切り内側にひねらないとペダルを拾えない。 踵は外側に出過ぎなのに、 膝はトップチューブにすりそうなくらい内側に入ってしまっている。 昨日は、 外に出てたのは左の踵だけだったかも。 右も怪しいが、 左クリートを内側に0.5mm戻し、 可動範囲をヒールイン側に移動してから他のことを考える。

2018年10月6日(土)
 
S-Works 7 road shoe用ポジション修正

ポジションは全然落ち着かなくて、 クリートを浅くしたり深くしたり、 左右位置や可動範囲をいじったり、 サドルを1mm上げたり戻したりを繰り返してたら、 右クリートのいつもの場所、 Cリング用の爪の前外側にヒビが入って、 さらにすぐに折れてしまった。 小さいヒビの入った古いやつに交換し、 今朝になってSPアダプターのシムを、 ずっと使ってた6-F/Rの組み合わせから5-F+6-Rに変更し、 左右のクリートを外側に0.5mm平行移動して、 可動範囲を少しヒールアウト側に移動してようやく落ち着いたかに見えたところで、 右クリートのヒビの入ってた同じ場所がまたも折れた。

今度は左右共に新品のクリートに交換。 内側ギリギリに対して、 左は0.5mm、 右は2mm、 外側に平行移動したつもりの左右位置にしてから、 可動範囲を違和感が許容範囲になるまで調整して終了。 右は非常に快適になったのに、 左だけ、 ヒールアウトにすると踵が外に出過ぎと感じ、 ヒールインにすると外股過ぎと感じるので、 おかしいと思って左右位置を確認したら、 右は思ったより0.5mm外に出てた。 これはやっぱり先週まではずっと足が外に出過ぎだったのだろう、 というわけで、 左も、 もう0.5mm外側に平行移動。

クリートは、 左右位置はシューズ外側からの距離を揃え、 深さはギリギリ深くしたところから4.5mm前進させるの正解だった。 クリートの設定が決まったら、 サドルは先週土曜の高さから上げたらダメなようである。

2018年9月29日(土)
 
S-Works 7 road shoe用ポジション確定…かも

どうポジションいじっても足がフラフラする。 クリートはむしろ深過ぎという結論に達して4mm浅くした。 左右位置は、 内側ギリギリに対して、 左は0.5mm、 右は2mm、 外側に平行移動する以外は、 どういう組み合わせでも、 どこかに違和感が出る。 この設定だと、 可動範囲はRRと同じじゃないとダメで、 それ以外の位置だと、 やっぱり違和感が発生する。

サドルは4mmは前進させ過ぎで、 2mm後退させた。 さらにちゃんとレールの傾き分の高さ調整をする必要があって、 0.5mm下げた。 これ以外の前後位置や高さは、 股間がサドルのどこかに当って、 痛みで踏めなくなってしまう。

以上の設定で、 95%FTP以上が楽に続けられるようになった。 最近のロングライドの感触と照らし合せると、 多分実走でも悪いことは無いだろう。 明日の予報は絶望的だが、 一応、 S3のサドルも0.5mm下げて2mm前進させた。


 <<古いトピック

このページに書かれている内容に関するいかなる形の保証も存在しません。 でも何か言いたい人は 須藤 清一 までメールでどうぞ。