<このサイトのトップ> <サイクリングページのトップ>  <<古いトピック

脂肪減少・筋肉増加の記録。
(最新の記録は https://pub.ks-and-ks.ne.jp/cycling/more-muscle.shtml)


検索文字列(Perlの正規表現):
  アルファベットの大文字小文字を  区別しない  区別する
  検索文字列の文字コード: (まともなブラウザなら変更不要の筈)
  (下で指定した年月日の記録から検索、 年月日を指定しなければ過去1年の記録から検索。)

年月日:
  例1: 2002年9月1日分 → 20020901-*、 例2: 2002年9月10日〜2002年9月19日分 → 2002091*、
  例3: 2002年9月分 → 200209*、 例4: 2002年12月〜2003年1月分 → 200212*..200301*
  (検索文字列を指定しなければ、 該当する年月日のすべての記録を表示。)


ロングライド (距離100km以上かつ所要時間4時間以上、違うのも混ざる可能性あり)

過去1年間または2002年〜2018年:    正順  逆順
年月日指定:    正順  逆順

2019年2月17日(日)
 
児島半島〜高梁川河口

児島半島をウネウネと走ったあとに、 高梁川河口の倉敷みなと大橋を渡った。 169km/6時間36分、 スピード平均25.604km/h、 Paused Time 22分半を除く平均27.142km/h、 登坂標高差合計1693m。 3217kj、 NPは166w、 TSSは324。

OUTWET LP2+〃 EP3+レッグウォーマー+アソスT.cento_S7ビブショーツ+アソスiJ.haBu.5ジャケット+BBBヘルメットハット+指付きグローブ+シューズカバー。 アメダスを見てたら、 WP3を1枚だけで良さそうな気温だったけど、 一番内側にLP2を着て行ったほうが快適なことが多いので、 EP3との2枚体制。 激坂の登り以外は丁度良かった。 スーパーH2Oを680ml消費。 補給食はスポーツようかんあずき×10。

出発時にスピードセンサーが認識されず、 家の中に戻ってセンサーの電池を交換。 これで10分以上出発が送れてしまった。

晴れたり曇ったり忙しい天気だったが、 高梁川河口から玉島港のあたりは晴れに当ってくれた。 終盤かすかに雨粒を感じたが、 全体としては良いツーリングだった。 倉敷みなと大橋は2年前に出来たばっかりなんだな。

ハンドルを3mm下げて一旦は落ち着き掛けたが、 一度快適に漕げるようになっても、 次の朝ローラーになるとどこかに違和感が出るのに段々と嫌気がさして来て、 土曜の夕方になって自転車2台とも、 サドルをPower Arc Expertに戻してしまった。 奥津渓の時の位置に対して、 前後位置は同じ2mm高くしたつもりだったが、 後退量とシートポストの高さを間違えて憶えていたみたいで、 1mm後退して1mm低いことになっている。 ローラー上のSL3を部屋着で漕いでみて少し低いくらいに感じる程度だったので、 今日はそのままの設定で走った。 また金曜にペダル軸スペーサーを左右0.5mmずつ増量したのを、 土曜の朝に元に戻している。

今日の実走の感触だと、 ハンドルは下げ過ぎ、 サドルはやっぱり1mm上げるべき、 ペダル軸スペーサーも0.5mm増量すべき。

…等の不満はあるが、 既に傷付いてるところがサドルに当たって痛い以外は、 ひさしぶりに股ズレからほぼ解放された快適なサイクリングだった。 多少出力が上がっても、 痛みで脚が止まっちゃうのはダメですよ。

2019年2月11日(月)
 
やっぱり腰痛が出た

その後、 段々と腰が痛くなってきた。 やっぱりハンドルは下げたほうが良いようだ。 S3・SL3の2台共に、 ハンドルを2mm下げて、 どちらもブレーキレバーブラケット上面の角度が、 正接=8.5/30になるくらいまで上に向けた。 S3はレバー全面がほぼ鉛直、 SL3はレバーの中央線がほぼ鉛直。

クリートは昨日2時間半走ってもどこにもヒビは入ってなかった。 ローラーに設置したSL3の左ペダル軸スペーサーを1mm追加して軽く漕いだら、 右足が内股過ぎなんで、 右クリートの可動範囲を少しヒールイン側に移動。 これで違和感が完全に消えた気がする。 S3も左ペダル軸スペーサー1mm追加。

2019年2月10日(日)
 
春日池公園

福山市の春日池公園に行って来た。 161km/6時間37分、 スピード平均24.362km/h、 Paused Time 23分半を除く平均25.894km/h、 登坂標高差合計1717m。 2829kj、 NPは149w、 TSSは260。

OUTWET LP2+〃 WP3+レッグウォーマー+アソスT.cento_S7ビブショーツ+アソスiJ.haBu.5ジャケット+BBBヘルメットハット+指付きグローブ+シューズカバー。 スーパーH2Oを680ml持って行って、 1/6くらい残してしまった。 補給食はスポーツようかんあずき×9。

ほぼ快晴で、 素晴しいサイクリング日和だったが、 春日池公園は公園南を通る市道?からだと、 フェンスに阻まれて、 イマイチな感じ。 かと言って、 結構な歩行者のいる遊歩道をロードで走るのは如何なものかと思われるし、 まぁしようがない。

ハンドルはSL3は1.5mm、 S3は1mm右に移動したら、 ブラケットの位置が左右対称になったようだ。

ローラー上のSL3だと、 ハンドルは2mm上げたほうが出力上がるし、 クリートの可動範囲は元に戻って、 さらに0.5mm内側に平行移動。 腰痛はいつのまにか解消して、 先週の違和感は別の理由だったようだ。

しかしS3で実走すると何かおかしい。 今日は特にひどくて、 1時間くらいでぱったりと踏めなくなってしまった。 力を入れる方向にペダルが無い感じで、 踏み幅に問題があるのは確実だが、 広過ぎなのか狭過ぎなのかよくわからない。

4時間を目前にして我慢できなくなり、 クリートを左右共に内側ギリギリに寄せてみた。 そしたら違和感が大幅に減り、 ずっと三角木馬になっていたサドルも、 そんなに痛く無くなった。 まだ違和感は残っていて、 しかも方向性は今までと同じだから、 ひょっとしてExtreme無印にしてからずっと、 内股過ぎかつ踏み幅が全然足りてなかったんじゃなかろうか。 踏み幅足りない感覚が左のほうが右より大きいから、 左ペダルにスペーサー1mm追加したら解決するかも。

あとハンドルの修正の時に下を向け過ぎたような気がする。 ローラー上だとそっちのほうが出力上がるみたいだけど、 実走するとブラケット寝過ぎて上体が苦しい。

2019年2月4日(月)
 
踏み幅はむしろ広過ぎだった?など

腿の付け根の内側の張りが普段より大きく、 昨日は踏み幅はむしろ広過ぎだったんじゃないか…というわけで、 クリートを左右共に外側に0.5mm平行移動。 踏み幅が足りないと感じるのは、 左の踵と膝が内側に入り過ぎだからみたいなんで、 左クリートの可動範囲をヒールアウト側に目盛1/4ほど移動。 右クリートのヒールイン側を絞り過ぎていたので修正。

先週はやや腰痛気味だったんだけど、 どうもハンドルを上げてからのような気がするので2mm下げた。 昨日は股間がつっかえる感じがまだ残ってたので、 サドルを0.5mm下げた。 取り敢えずSL3のみ。

部屋着で軽く漕いでみた限りでは、 いい感じになったような気がする。

2019年2月3日(日)
 
瀬戸内市グネグネ

瀬戸内市をグネグネと走った。 本当は瀬戸町もグネグネと走る予定だったが、 北上してr221に出たところで雨がポツポツと降り始めたので、 大幅にショートカット。 予定より15kmくらい縮んだ筈。 161km/6時間2分、 スピード平均26.839km/h、 Paused Time 7分を除く平均27.378km/h、 登坂標高差合計1141m。 3076kj、 NPは164w、 TSSは301。

OUTWET LP2+〃 WP3+レッグウォーマー+アソスT.cento_S7ビブショーツ+アソスiJ.haBu.5ジャケット+BBBヘルメットハット+指付きグローブ+シューズカバー。 スーパーH2Oを690ml消費。 ボトルの口ぎりぎりからネジ一筋分だけ余るまで入れてみたが、 これでもわずかに傾けただけで漏れてしまう。 実運用上700mlとか絶対無理。 補給食はスポーツようかんあずき×8。

ずっとどんよりとした曇空だったが、 虫明のあたりではかろうじて青空が見えて少し日が射してくれた

ハンドルは2mm上がった。 サドルも1.5mm後退し2mm下がって、 こちらは3週間前の位置に戻った。 サドルを下げたら、 ローラー上では左クリートの可動範囲は右と同じくらいヒールイン側に移動したほうが快適になり、 これで土曜の朝ローラーは92%FTP×50分を含む75分ノンストップ完走。

今日の実走でも序盤は素晴しく調子良く、 ひさしぶりにBOLTの表示でNP180w・AP158wの高い数値を見た。 が、 中盤からペダリングが段々とギクシャクし始め、 3時間を過ぎるくらいからまたサドルが三角木馬になって脚が止まってしまった。 登りでガッツンガッツン踏んだ後に、 姿勢と踏み出すタイミングが狂ってしまうようだ。 終盤、 雨にあせって(当社比で)かっとばしたら修正できて、 楽々L3以上が維持できた。

ただし、 S3のハンドル回りは問題があるのは確実で、 左のブレーキレバーブラケットが寝過ぎ、 かつハンドル全体が左に寄ってる気がする。 クリートの設定も何かおかしい。 踏み幅をもっと広げないとダメなんじゃないかなぁ。

2019年1月28日(月)
 
クリートの設定は、向きだけの問題だった…かも

昨日は、 強度が上がった時に股間がサドルの前の盛り上がりに微かに引掛ってるのが悪い、 という感触だったので、 ローラーで様子を見たりせずに、 SL3・S3の2台同時にサドルを1.5mm前進させた。 S3のサドルを無理して見た目正面を向けるようにしてから、 実走時の股間のダメージが大きくなってる気がするので、 止めてみた。 S3のハンドルが右を向いていたので修正。

クリートは、 左が内側ギリギリから外側に0.5mm平行移動していた。 脚の力凄い…じゃなくて、 ネジを締める時にずらしてしまったものと思われる。 可動範囲を、 左はヒールアウト側、 右はヒールイン側に少し移動して、 軽くSL3を漕いでみたら、 これで正解な気がする。


 <<古いトピック

このページに書かれている内容に関するいかなる形の保証も存在しません。 でも何か言いたい人は 須藤 清一 までメールでどうぞ。