<このサイトのトップ> <サイクリングページのトップ>  <<古いトピック

脂肪減少・筋肉増加の記録。
(最新の記録は https://pub.ks-and-ks.ne.jp/cycling/more-muscle.shtml)


検索文字列(Perlの正規表現):
  アルファベットの大文字小文字を  区別しない  区別する
  検索文字列の文字コード: (まともなブラウザなら変更不要の筈)
  (下で指定した年月日の記録から検索、 年月日を指定しなければ過去1年の記録から検索。)

年月日:
  例1: 2002年9月1日分 → 20020901-*、 例2: 2002年9月10日〜2002年9月19日分 → 2002091*、
  例3: 2002年9月分 → 200209*、 例4: 2002年12月〜2003年1月分 → 200212*..200301*
  (検索文字列を指定しなければ、 該当する年月日のすべての記録を表示。)


ロングライド (距離100km以上かつ所要時間4時間以上、違うのも混ざる可能性あり)

過去1年間または2002年〜2019年:    正順  逆順
年月日指定:    正順  逆順

2019年12月15日(日)
 
新旧尾道大橋

新旧の尾道大橋の並ぶショットを撮りに行って来た。 199km/8時間10分、 スピード平均24.481km/h、 Paused Time 34分半を除く平均26.335km/h、 登坂標高差合計1475m。 3698kj、 NPは153w、 TSSは403。

OUTWET EP3+レッグウォーマー+アソスT.cento_S7ビブショーツ+アソスiJ.haBu.5ジャケット+BBBヘルメットハット+指付きグローブ+シューズカバー。 スーパーH2Oを680ml消費。 補給食はスポーツようかんあずき×12。

今日はずっと素晴しい晴天で、 絶好のサイクリング日和。 新旧尾道大橋は、 橋自体も背景の青空も海も尾道市街の景色も最高だった。 アプローチの福山市の沼隈から赤坂の山の景色も、 橋をくぐったあとに越えて広島県道54号に出た高台の景色も、 やっぱり最高。 瀬戸内海沿岸の山はまだ紅葉真っ盛りだった。

この一週間の朝ローラーはS3。 GT-Rollerはどうやっても気持良く漕げないので、 Road Machineに戻してしまった。 不自然に揺れ過ぎる自転車を安定させるために、 ブラケットを握りしめて胴体を固定させるような体の使い方になるのが一番ダメで、 磁石抵抗もやっぱり踏み出しの遅れる原因になってる気がする。

ハンドルは結局2.5mm高くなり、 さらにSuperSix EVOに合せて2°くらい上に向けて、 ブレーキレバーブラケットを角度が変わらないように下に移動したら、 素晴しく快適に踏めるようになり、 200w×50分を含む75分ノンストップ完走。 S3で踏んた時の感触とSuperSix EVOの追加ペダル軸スペーサーを左右1mmにした時の感触が同じに思われたので、 今日は追加ペダル軸スペーサー左右1mmで走った。

ポジション完璧な筈だったが、 最初からあまり出力が上がらず、 さらに終盤急激に踏めなくなってガタガタになってしまった。 今日もブラケットから手を浮かすようにしないと安定して踏めなかった。 ローラー上のS3だとそんなことは無いので、 多分、 SuperSix EVOのブラケットが寝過ぎているのである。 またSuperSix EVO投入後の3回のロングライドの出力が単調に落ちているが、 この3回で単調に変化してるのは追加ペダル軸スペーサーの量で、 最初の追加ペダル軸スペーサー無しで違和感が無いという感触が正しくて、 踏み幅が足りないと感じるのは、 ハンドル回りの設定の問題で体が傾くからではなかろうか。

Road Machine用のスルーアクスルアダプターが今日届いたので、 火曜以降の朝ローラーはまたSuperSix EVOにしてみよう。

2019年12月8日(日)
 
倉敷〜河辺押入大橋

一旦南下してから北上したら、 確実に霧の無い時間帯に辿り着くんじゃないか、 という作戦で、 南区まで南下して、 倉敷の真中あたりを北上して、 河辺押入大橋に向かったが…。 202km/7時間39分、 スピード平均26.384km/h、 Paused Time 27分半を除く平均28.052km/h、 登坂標高差合計1325m。 3664kj、 NPは155w、 TSSは392。

OUTWET EP3+レッグウォーマー+アソスT.cento_S7ビブショーツ+アソスiJ.haBu.5ジャケット+BBBヘルメットハット+指付きグローブ+シューズカバー。 スーパーH2Oを680ml消費。 補給食はスポーツようかんあずき×11。 7時間くらいで帰れるだろうと11個しか持って行かなかったので、 終盤は無茶苦茶おなかすいた。

雲多目だったが、 北上するにつれて青空の割合が増えて、 津山のちょっと南では快晴。 作戦成功かと思われたが、 津山に入ったら雲が増えて、 河辺押入大橋のあたりはどんよりとした空模様になってしまった。 何とか景色は見えて、 一応青空も広がってるから、 今日は引き分けという感じ?

SuperSix EVOのハンドルは一旦先週より12.5mm上げて落ち着き掛けたが、 先週はブレーキレバーブラケットが立ち過ぎていて、 レバー前面が鉛直になるように修正したら、 ハンドルが下がり始め、 金曜の朝ローラー終了時点では5mm下がり、 土曜の朝ローラーでさらに2.5mm低くなった。 これでサドルに対するバートップの落差はS3の一番調子の良かった時と同じ。

またクランク附属のスペーサー(FSA pedal washerとの刻印あり)から後輪中心までの距離を計測すると、 左は73.5mm・右は74.5mmで、 一旦左にペダル軸スペーサー1mm追加したが、 追加ペダル軸スペーサーを左右非対称に追加すると、 違和感が大きくてまともに踏めない。 金曜までに左右1mmで落ち着き掛けたが、 土曜にハンドルを下げたあとで左右0.5mmにしたら、 こっちのほうが感触が良い。

以上の設定でGT-Roller上の感触は素晴しく良くなったが、 実走すると何かおかしい。 出力もまるで上がらない。 最後の感触だと、 上体を自然な角度にするためにブラケットから手を浮かすようにする必要があって、 ハンドルは低過ぎ、 左ペダルを拾うのに足を意識して内股にする必要があり、 踏み幅が足りてないようだ。 またロングライド前日にいらんことをしてしまったか。 ハンドルは最初の先週+12.5mmが正解なような気もする。

2019年12月1日(日)
 
姫路太陽公園

姫路の北西部にある、 太陽公園というテーマパーク(?)まで。 201km/7時間46分、 スピード平均25.954km/h、 Paused Time 31分を除く平均27.792km/h、 登坂標高差合計1612m。 3817kj、 NPは160w、 TSSは420。

OUTWET EP3+レッグウォーマー+アソスT.cento_S7ビブショーツ+アソスiJ.haBu.5ジャケット+BBBヘルメットハット+指付きグローブ+シューズカバー。 とうとう真冬装備。 岡山市の最低気温1.8℃まで下がってるのに、 アンダーシャツEP3 1枚で全然寒くなかった。 手足の指先も平気。 スーパーH2Oを680ml消費。 補給食はスポーツようかんあずき×12。

先週とは逆方向に予報が外れて、 ほぼ晴天の下を走れた。 太陽公園も、 山の上の洋風のお城が日射しに映えて素晴しい。 この城と兵馬俑以外にも、 ミニチュアの万里の長城とかもあるらしい。 コンセプトが今一わからんな。 10時半で結構客が入ってるみたいで、 それなりに流行ってるようだ。

SuperSix EVO最初の実走は、 序盤はG3の時なみに素晴しい勢いでAPとNPが上がって行ったが、 段々とスローダウン。 最後は最近のDFourのやや不調の時と同程度の数字まで落ちてしまった。 ハンドルを低くしたのは多分失敗。 ブレーキレバーブラケットは先端中心の間隔をハンドル幅マイナス2cmの38cmにしたが、 これだと多分内側を向き過ぎ、 39cmくらいが妥当なところか。 踏み幅も多分合ってない。 最後のほうの感触だと足りてないんじゃないかなぁ。 土曜の好感触はGT-Roller上の1時間限定だったようだ。

ハンドルの上下方向の向きは、 昨日は足し算と引き算を間違えていて、 ギリギリ下向きにしても肩水平から1.8度上向きになってしまうのが正解。

2019年11月30日(土)
 
SuperSix EVO HI-Mod Ultegra Disc Di2

SL3は大部前から左のSTIが壊れてフロントの変速ができなくなっている。 室温が下がってきたらリアの変速もだんだん怪しくなってきた。 後三角の歪みのせいでサドルに真っ直座り続けるのが難しく、 股ズレや実走とのポジションミスマッチの原因になっているようだ。 ここは5年使ったS3をローラー用にまわして、 実走用に新しい自転車を買うところでしょう。 …というわけで、 SuperSix EVO HI-Mod Ultegra Disc Di2をなかやまで購入。

S3とポジションを揃えられて、 いざとなったら汎用ステムとハンドルが使えて、 空力にもそこそこ気を使っていて、 そして何よりシートポストが普通の2本締め、 という条件だと、 ほぼ一択だった。 ポラールの太いロングボトルを使ってる限り、 完全なエアロロードにする意味はあまり無く、 むしろエアロハンドルにすべきだろう、 と判断した。

サイズは48。 クランク長が170mmだったので、 HollowGram Siの165mmに変更。 タイヤはGP5000TL 28Cに交換してもらった。

ハンドルは幅が400mmで、 さらに一番下向きにしても肩水平から1.8度下を向くだけ、 という問題があったが、 ブレーキレバーブラケットの向きをS3と大体揃え、 バートップの高さを5mm低くして今朝のローラーで使ってみたら、 何の違和感も無く、 さらに200w前後が楽々維持できた。 これはこのまま使えそうである。 S3用にZipp Service Course 80 ergoの400mm幅を発注。

ペダル軸スペーサーは購入時のままで変える必要が無かった。 HollowGram Siの公称Qファクターは147mmだが、 付いてきたスペーサーがクランクから0.5mmくらいはみ出してるように見えるから、 この分で丁度良いのかも。

スタンドとしてミノウラのスルーアクスル対応品を買ってあったが、 これは全然使いものにならなかった。 検索したら、 クイックレリーススキュワーの軸を切ってナット側だけスルーアクスルに差し込んだら、 普通のスタンドが使える、 という記事を見付け、 沢山余っている後輪固定ローラー用のスキュワーを切って試してみたら、 確かに使える。 さらにHALOのアーレンキー締めのスキュワーのナット側の頭だけガムテープで固定して差し込んでも使えた。 こっちのほうが安定するが、 スタンドを外す時に苦労するので、 当面はクイックレリース版で行こう。

あとRaceware directというメーカーから出ている、 Garmin+GoProのダブルマウントを発注してあるが納車に間に合わなかった。 明日はフロントライト無しで走らねばならぬ。


 <<古いトピック

このページに書かれている内容に関するいかなる形の保証も存在しません。 でも何か言いたい人は 須藤 清一 までメールでどうぞ。