<このサイトのトップ> <サイクリングページのトップ>  <<古いトピック

脂肪減少・筋肉増加の記録。
(最新の記録は https://pub.ks-and-ks.ne.jp/cycling/more-muscle.shtml)


検索文字列(Perlの正規表現):
  アルファベットの大文字小文字を  区別しない  区別する
  検索文字列の文字コード: (まともなブラウザなら変更不要の筈)
  (下で指定した年月日の記録から検索、 年月日を指定しなければ過去1年の記録から検索。)

年月日:
  例1: 2002年9月1日分 → 20020901-*、 例2: 2002年9月10日〜2002年9月19日分 → 2002091*、
  例3: 2002年9月分 → 200209*、 例4: 2002年12月〜2003年1月分 → 200212*..200301*
  (検索文字列を指定しなければ、 該当する年月日のすべての記録を表示。)


ロングライド (距離100km以上かつ所要時間4時間以上、違うのも混ざる可能性あり)

過去1年間または2002年〜2019年:    正順  逆順
年月日指定:    正順  逆順

2020年11月29日(日)
 
国道312号〜兵庫県道80号

未走の国道312号を少しだけ走ってから、 兵庫県道80号の未走部分を走った。 224km/8時間34分、 スピード平均26.148km/h、 Paused Time 24分半を除く平均27.467km/h、 登坂標高差合計1388m。 4152kj、 NPは156w、 TSSは496。

OUTWET LP2+〃 WP3+レッグウォーマー+ アソスT.cento_S7ビブショーツ+アソスSS.cento_S7ジャージ+指切りグローブ+パールイズミコールドブラックヘルメットビーニー。 岡山市の最低気温4.5℃で、 今日は大部寒かった。 レッグウォーマー無しかつ指切りグローブもそろそろ限界か。 スーパーH2Oを1200ml消費。 次はシングルボトルでいいかも。 補給食はスポーツようかんあずき×12。

青空が広がってるのに、 雲が太陽を隠すように出てることが多かった。 が、 R312を走っている時は抜けるような青空で超ラッキー。 r80の暮坂峠は残念な天気だったが、 r724を北上する頃はまたピーカン。 真近に迫る山の茶色が「秋!」っていう感じだった。

クリートがどうしても左は外側、 右は内側にずれてしまう。 左右共、 想定位置で固定するのはあきらめて、 それより1mm外側に出し、 ペダル軸スペーサーを1mm増量した。 そしたらサドルをもっと前進させたくなり、 5mm前進させて、 レールの傾き分、 0.5mm下げたら、 今までより調子が良いようだ。

今日の実走でも、 前半は素晴しく調子が良く、 3年前くらいの水準まで復活したかと思われたが、 終盤、 雲が厚くなって風が出てきたら、 脱力したまま骨盤をスイングさせるのが難しくなって、 一気にスローダウン。 予定の帰宅時刻に対して30分以上遅刻してしまった。

前半調子に乗り過ぎてオーバーペースだったのか、 風にあおられて体が傾くせいか、 クリートの設定にまだ問題が残ってるのか。

いつのまにか、 クリート固定ネジをガチガチに締めても、 ペダルは普通に脱着できて足もスカスカ動くようになっていたし、 終盤はまた踏み幅が合わなくなってる感じだったから、 もしかしてクリートが寿命で、 最後のほうでまた位置がずれたのかも。

2020年11月22日(日)
 
広島県道384号

広島県道384号の未走部分(広島県道158号との交差点から国道486号に向う山越えの道が分岐する丁字路まで)を走った。 219km/8時間9分、 スピード平均26.899km/h、 Paused Time 28分半を除く平均28.551km/h、 登坂標高差合計1303m。 4004kj、 NPは159w、 TSSは488。

行きの清音駅の近くを走行中に、 Edge 520が「Power meter battery is low」(多分)というメッセージを出したから、 Power2Maxの電池を交換すべし。

OUTWET LP2+〃 WP3+レッグウォーマー+ アソスT.cento_S7ビブショーツ+アソスSS.cento_S7ジャージ+指切りグローブ+パールイズミコールドブラックヘルメットビーニー。 岡山市の最低気温5.3℃で、 今日もレッグウォーマー無しかつ指切りグローブ。 出発直後の数分間を除いてポカポカと暖いくらい。 スーパーH2Oを1460ml消費。 補給食はスポーツようかんあずき×12。

行きは鞆の浦から沼隈の海岸線を辿る予定だったが、 現地に行ってみたら全面通行止の看板。 山越えの道でr47に復帰して、 そのまま松永までr47を走った。

かなり雲の出ることもあったが、 基本青空で、 今日も良いサイクリング日和だった。 海岸近くの山は茶色がやや濃い目くらいだが、 r384のピークまで登ると茶色の中に真赤が混じる感じになって、 結構な紅葉狩りライドであった。

帰りに福山市・井原市境の神辺バイパス・高屋バイパスを通ってみたが、 普通に信号多いし、 歩道と車道のつながりも悪いし、 普段どおりr102で帰れば良かった。

タイヤサイドの注意書きによると、 イクシオンプロUST2の最大空気圧6barは内幅19mmの場合で、 内幅23mmだと4barと書いてある。 KNOT45の内幅は21mmだから最大空気圧は多分5barだろう。 今日は前4.8bar・後5barで走ったみたら、 MyMavic推奨の4.1bar・4.3barよりかえって快適である。 MyMavicの推奨値はヨーロッパの舗装前提で日本の道路には低過ぎなのか、 あるいは全然抜重しないで走ることを想定しているのか。

先週クリートは、 左は1/4mmくらいしか移動しておらず、 右は3/4mmくらい移動していた。 これに合わせてS3のペダル軸スペーサーを左3/4mm・右3/4+1mmにしてみたら、 結局これが正解な模様。

ローラー台がRoad Machineの時に前輪をサドル・ハンドル落差2mm分高くし過ぎていたようだ。 前上がりの自転車に合わせてサドルを水平にしていたので、 サドルはほぼ同じ2mmだけ想定位置より後退していた筈。 なのでサドルを先週より2mm後退させたら、 やはりこっちの方が快適である。 ただしペダルが近過ぎと感じて1.5mm上げた。 時々高過ぎと感じることがあったが、 それは踵が落ちてる時で、 それに合わせてサドルを下げてはダメなようである。

ハンドルはまた7.5mm高くした。 ここまで上げないと、 股間ゴリゴリが復活してしまう。

ポジションを合わせたSuperSix EVOによる実走でも素晴しく快適で、 かつ最後まで平坦巡航時で170〜180wが維持できた。 足の向きに少々違和感の出ることがあるが、 これは多分姿勢や動きの乱れの結果で、 反応したらダメなヤツだろう。

2020年11月15日(日)
 
兵庫県道435・413号

兵庫県道435号と413号の未走部分を走った。 219km/8時間22分、 スピード平均26.248m/h、 Paused Time 30分を除く平均28.543km/h、 登坂標高差合計1534m。 4080kj、 NPは156w、 TSSは479。

OUTWET LP2+〃 WP3+レッグウォーマー+ アソスT.cento_S7ビブショーツ+アソスSS.cento_S7ジャージ+指切りグローブ+パールイズミコールドブラックヘルメットビーニー。 岡山市の最低気温5.5℃のわりには、 レッグウォーマー無しかつ指切りグローブでも全然平気だった。 もしかして生物的な耐候性が上がってる? スーパーH2Oを1460ml消費。 補給食はスポーツようかんあずき×12。

先週に続いてずっと素晴しい青空で、 最高のサイクリング日和だった。 413号は、、 昼なお暗いピークの向こうに茶色の山が見えてるのがイイ感じだったんだけど、 天気が寄すぎてハレーション気味になって肝心の山が見えない。 435号は林田川沿いに北上する部分も良い。

S3のサドルを、 さらに3mm後退させて1.5mm下げたら、 今年の10MMPを更新(226w)。 SuperSix EVOのサドルも3mm後退させて1.5mm下げたら、 S3より0.5mm前進して0.5mm低いことになっている。 今日の感触だとS3に完全に合わせたほうがイイな。

右クリートを外側に1mm平行移動し、 S3のペダル軸スペーサーを左右1mmに変更した。 土曜に、 ローラー台をGT-Rollerを変えて、 S3とポジションを揃えた(つもりの)SuperSix EVOで朝ローラーして、 SuperSix EVOでも問題無さそうなことを確認した。

しかし実走すると右足が外に出過ぎな感じ。 そのうち左膝が内側に入り過ぎてフレームやボトルに当たるようになる。 5時間半くらいで股ズレでパッタリと踏めなくなり、 6時間くらいで我慢できなくなって、 またもロングライド途中でクリートをいじる。 右を外側に、 左を内側に0.5mmくらい平行移動したら、 以降は快適に踏めるようになった。

実走用の自転車を使ってさえ、 ローラー台で合わせたポジションは実走で問題が出てしまった。 もうクリートは絶対にいじらずに、 S3のペダル軸スペーサーの組み合わせの変更のみで対処しよう。

2020年11月8日(日)
 
広島県道405号

国道184号と432号を結ぶ、 広島県道405号を走った。 221km/8時間4分、 スピード平均27.357m/h、 Paused Time 20分を除く平均28.543km/h、 登坂標高差合計1214m。 3921kj、 NPは157w、 TSSは477。

OUTWET LP2+〃 EP3+レッグウォーマー+ アソスT.cento_S7ビブショーツ+アソスSS.cento_S7ジャージ+指切りグローブ+パールイズミコールドブラックヘルメットビーニー。 アンダーシャツ2枚だと最初からかなり暑かった。 LP2はいらなかったなぁ。 スーパーH2Oを1460ml消費。 補給食はスポーツようかんあずき×12。

先々週・先週とSuperSix EVOの変速の調子がどんどん悪化してきた。 チェーンが伸びて、 フロントインナー×リアトップ側だとチェーンステーに当たりそうになってたので、 チェーンを交換し、 さらにカセットも12-28tに変更。 11tはいらないし、 30tも無くても我慢できないことはないが、 16tがどうしても欲しかったのだ。

今日はずっとほぼ快晴の、 素晴しいサイクリング日和。 県道も良かったけど、 世羅町周辺の山の景色は全部素晴しい。 紅葉はまだ色付き始めくらい。

先週でもまだ股ズレ気味だったので、 サドルを3mm後退させて1mm上げた。 さらに上体が浮いて背中が曲がってしまうので、 またハンドルを7.5mm下げてみた。 今日の実走でもこっちのほうずっと感触が良くて、 しかも何故か景色が良く見える。 背中が曲がるとうつむいちゃうんだろうなぁ。

S3のペダル軸スペーサーは相変わらず落ち着かず、 最後はまた左3/4・右3/4+1mmに戻った。 が、 今日実走すると、 明らかに踏み幅が足りてない。 S3とSuperSix EVOのQファクターの差は、 やはり公称値どおり2mmだったようだ。 クリートは多分1/4mmだけ内側に平行移動しなければならないのだろう。


 <<古いトピック

このページに書かれている内容に関するいかなる形の保証も存在しません。 でも何か言いたい人は 須藤 清一 までメールでどうぞ。