<このサイトのトップ> <サイクリングページのトップ>  <<古いトピック

脂肪減少・筋肉増加の記録。
(最新の記録は https://pub.ks-and-ks.ne.jp/cycling/more-muscle.shtml)


検索文字列(Perlの正規表現):
  アルファベットの大文字小文字を  区別しない  区別する
  検索文字列の文字コード: (まともなブラウザなら変更不要の筈)
  (下で指定した年月日の記録から検索、 年月日を指定しなければ過去1年の記録から検索。)

年月日:
  例1: 2002年9月1日分 → 20020901-*、 例2: 2002年9月10日〜2002年9月19日分 → 2002091*、
  例3: 2002年9月分 → 200209*、 例4: 2002年12月〜2003年1月分 → 200212*..200301*
  (検索文字列を指定しなければ、 該当する年月日のすべての記録を表示。)


ロングライド (距離100km以上かつ所要時間4時間以上、違うのも混ざる可能性あり)

過去1年間または2002年〜2021年:    正順  逆順
年月日指定:    正順  逆順

2021年3月1日(月)
 
クリートはやっぱり左右ヒールイン過ぎ、など

右の踵が外に出過ぎと感じたのは疲れた終盤だけで、 最初の感触は左右共に踵は内側に入り過ぎだった。 クリートの可動範囲を左右ともにほんのちょっとヒールアウト側に戻した。

SuperSix EVOの左のブレーキレバーブラケットが微妙におじぎしてるようだ。 バーテープを巻いたままほんの少し立てた。

これらで美木原農免道路の時の設定に完全に戻った筈。 念のため、 今週の朝ローラーはSuperSix EVOで。

2021年2月28日(日)
 
兵庫県道409号〜23号

兵庫県道409号の一部〜23号の未走部分を走った。 226km/8時間39分、 スピード平均26.166km/h、 Paused Time 28分半を除く平均27.686km/h、 登坂標高差合計1494m。 3989kj、 NPは152w、 TSSは425。

OUTWET LP2+〃 EP3+レッグウォーマー+アソスT.cento_S7ビブショーツ+アソスiJ.haBu.5ジャケット+BBBヘルメットハット+指付きグローブ+シューズカバー。 スーパーH2Oを940ml消費。 補給食はスポーツようかんあずき×12。

晴れ予報で確かに青空は見えていたけど、 雲が多くて日射しがほとんど無く、 気温のわりに体が冷えた。 r409は山沿いのいい感じの地方道だったのに、 この天気は非常に残念。

朝ローラーはS3復帰。 クリート回りをいろいろいじってしまったが、 ほぼ全部元に戻し、 可動範囲をヒールイン側にほんの少し移動しただけ…のつもりだったが、 今日の感触だと、 左はヒールイン側に移動しているけど、 右はむしろヒールアウト側に移動してるみたいで、 これはどっちもSuperSix EVOには合わない。 前からS3で合わせると、 SuperSix EVOを漕いだ時は左足が外股過ぎ、 右足が内股過ぎと感じるんだなぁ。 どうしたものか。

2021年2月21日(日)
 
美木原農免道路

国道184号から広島県道158号にいたる農免道路を走った。 223km/8時間31分、 スピード平均26.263km/h、 Paused Time 33分半を除く平均28.094km/h、 登坂標高差合計1346m。 4002kj、 NPは157w、 TSSは444。

OUTWET EP3+レッグウォーマー+アソスT.cento_S7ビブショーツ+アソスiJ.haBu.5ジャケット+BBBヘルメットハット+指付きグローブ+シューズカバー。 岡山市の最低気温は前夜の予報より3℃低い3℃くらいと踏んで、 それに合わせた服装で出掛けたら、 最高気温は予報どおり21℃。 途中から無茶苦茶暑かった。 Edge 530によれば走行中は2℃〜27℃。 スーパーH2Oを1200ml持って行って、 ダイドーおいしい麦茶600mlを追加補給。 2月に満タンではないとはいえダブルボトルで追加補給が必要になるとはね。 補給食はスポーツようかんあずき×12。

気温は厳しかったが天気は最高。 海の景色も山の景色も良かった。 農免道路は典型的な山の農道で登りと下りしかない。 最初の激坂の景色が印象的だった。

この1週間の朝ローラーはSuperSix EVO。 クリートを、 可動範囲を1/4目盛くらいヒールイン側に移動し、 左を外側、 右を内側に1/4mmくらい平行移動した。 固定ネジはまたドライバーの頭をつまんで締めるだけに戻した。 新品はこれくらいじゃないと、 踵を振るのに無駄にエネルギーを使ってしまう気がする。

クリートは、 何か違和感があるような気がしてちょこちょこいじるんだけど、 結局この設定に戻ってしまう。 今日も何となく変な気がしないこともなかったけど、 ずっと調子良かったし、 慣れれば違和感も消えるんじゃないかなぁ。

2021年2月14日(日)
 
牛窓〜連石

牛窓まで行った後に北上して、 美咲町の連石の山の中の道路を走った。 203km/7時間32分、 スピード平均27.015km/h、 Paused Time 17分半を除く平均28.114km/h、 登坂標高差合計1420m。 3761kj、 NPは157w、 TSSは407。

OUTWET LP2+〃 WP3+レッグウォーマー+ アソスT.cento_S7ビブショーツ+〃ミレGT サマーLSジャージ+指切りグローブ+パールイズミコールドブラックヘルメットビーニー。 2月中旬にサマージャージで、 しかも中盤以降はかなり暑かった。 スーパーH2Oを730ml持って行って、 グリーンダ・カ・ラ600mlを追加補給。 追加補給したのが残り1時間も無いくらいのところで、 絶対残すだろうと思ってたのに、 最後はきれいに無くなった。 補給食はスポーツようかんあずき×11。

やや雲が多かったが概ね晴天で、 今日も爽快なサイクリング。 連石の山の道路は、 標高は200m余りだけど、 高原の雰囲気があって、 なかなかよろしい。

SuperSix EVOのハンドルも、 SAVE SystemBar 400mmに戻し、 去年3月の河辺押入大橋の時のポジションを完璧に再現した(筈)。 先週はサドルが0.5mm後退してたのを、 これくらいなら影響が無いだろうと放置してたが、 すべての言い訳を封じるために0.5mm前進させた。 S3のサドルも0.5mm前進させて、 さらにブレーキレバーブラケットを多分もう0.5mm立てる必要がある。

これで3時間半くらいまでは素晴しく調子が良かったが、 r90の国際サーキット西のピークへの登りでまるで踏めなくなる。 これは完全に疲れのせいで、 ポジションいじりにかまけて、 朝ローラーが細切れワークアウトになってしまっていて、 トレーニングボリュームがまるで足りてないのが悪いのである。 春までには心を入れ替えて復活したいものだ。

クリートは、 左クリートの外側後ろのヒビが大部大きくなってきたので、 木曜に新品に交換した。 色々いじったあげく、 可動範囲・左右位置共に前と同じになって、 S3のペダル軸スペーサーは左1・右1.5mmになった。

クリート固定ネジは、 最初はさすがに、 以前のようにドライバーの頭を親指と人差指でつまんで締めるだけでも、 固くてペダルを嵌めるのに苦労したが、 今日はガッチリと締めて少し固いくらい。 エアロウォーカブルクリートはこういうもんなんだろう。

ローラーでも実走でも、 微妙に踵が外に出過ぎなのに踏み幅は足りないような感じになる。 個体差なのか、 あるいは以前の設定は、 狭いハンドルで体が傾いていて、 それに合わせてただけなのか。 今日の感じだとごまかせる範囲で、 パフォーマンスには影響無いような気がするが、 時々坐骨がサドルの縁に当って痛くなる原因になってるみたいなんで、 ローラーで調整を試みよう。

2021年2月8日(月)
 
S3のハンドル交換、など

クリートをほんのちょっと(多分1/4mm)内側に平行移動し、 S3のペダル軸スペーサーを左右1mmに減量。

取り敢えずS3のみ、 ハンドルをZipp Service Course 80 ergoの400mm幅に交換。 ブレーキレバーブラケットの中心の間隔は、 前と同じ39cmにして、 手を置くあたりの角度は先週と大体同じにした(筈)。

部屋着だけど軽く漕いでみたら、 むっちゃ快適。

2021年2月7日(日)
 
尾道〜三原の海岸線

先週は体調が微妙で、 安全側に振って休み。 今日は尾道から三原まで海岸線の道路を走った。 214km/8時間13分、 スピード平均26.110km/h、 Paused Time 41分半を除く平均28.492km/h、 登坂標高差合計913m。 3752kj、 NPは153w、 TSSは400。

Edge 530のナビ、 便利なのだが時々分岐のガイドが出て来ないことがある。 それに加えてガイドの地図の見方に慣れてないこともあって、 今日はナビ付きなのに何度も道を間違えてしまった。 ナビに頼り切るのではなくて、 ややこしい分岐はあらかじめチェックしておかないとダメだな。

OUTWET LP2+〃 EP3+レッグウォーマー+アソスT.cento_S7ビブショーツ+アソスiJ.haBu.5ジャケット+BBBヘルメットハット+指付きグローブ+シューズカバー。 スーパーH2Oを730ml持って行って、 Qooりんご280mlを追加補給。 岡山市の最低気温が3℃を割ると踏んで、 アンダーシャツ2枚体制で出掛けたが、 最初からポカポカ、 中盤からは大汗をかいて、 まさかのドリンク追加補給。 補給食はスポーツようかんあずき×11。

R184を越えるまでと、 福山市街を抜けた後は晴天で、 3週間ぶりのロングライドは爽快なサイクリングになった。 主としてR2とR185を走った海岸線の道路は、 自動車は多いけど、 期待どおりのすばらしい景色だった。 R2は、 R185が分岐する交差点からループ橋になってるんだなぁ。

Scratch M5は、 どうしても快適に漕ぎ続けられるポジションが見付けられず、 サドルは結局、 S3もSuperSix EVOもPower Expertに戻してしまった。 サドルトップの一番凹んでる部分が、 Power Expertが一番前、 Dimensionがその5mmくらい後ろ、 Scratch M5はそのまた1cm以上後ろで、 これが効いているような気がする。

サドルの位置は一旦、 去年秋の一番調子がいい時に合わせた…筈だった。 サドルが去年秋に戻ったら、 クリートの左右位置も、 ソールの目盛に対して対称な、 去年秋の位置に戻った。

これで決まりと思われたが、 どうも股間がゴリゴリし、 サドルを1mm下げ、 クリートの可動範囲を少しヒールアウト側に移動したら解消。 サドルの位置は結局、 去年3月のPower Expert投入時の位置まで戻った。 SuperSix EVOは、 ずっとサドル高さの計測を間違えていたようで、 去年秋より0.5mmだけ下げれば良かった。

これで完璧だろうと思ったが、 実走すると微妙に踏み幅が足りない感じ。 S3のペダル軸スペーサーが3/4+0.5mm必要というのも、 ローラー上の自転車の傾きのせいだったかも。

それでも最近の体調からすると素晴しく調子が良かった。 しかし終盤になると上体の重さを支える位置に手を維持するのが難しくなる。 自然な腕の角度にしようとすると、 どうしてもブレーキレバーブラケットを外から鷲掴みにするようになって、 親指の付け根のあたりが痛くなってくる。 ずっと薄々感じつつ認めたくなかったことだが、 ハンドルは広過ぎるより狭過ぎるほうが害が大きいようだ。 400mm幅に戻そう。


 <<古いトピック

このページに書かれている内容に関するいかなる形の保証も存在しません。 でも何か言いたい人は 須藤 清一 までメールでどうぞ。